スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色づき深まる イチョウ並木

021 (2)

季節の移ろいは早いもですね・・・。
今年も、幸せの魔法をかけてくれました。
神宮外苑のイチョウ並木が、鮮やかに色づきましたよ。

一面、ふかふかの黄色いじゅうたんになったら、
冬の始まりも、もうすぐ・・・
風は冷たいけれど、不思議。
幾重にも積もった葉っぱの上を歩いていると
晩秋のあったかさ包まれました・・

木漏れ日のやさしさに、ベンチでひとやすみ
天から降り注ぐ光と、秋の冷たい空気は格別です。
SELANのガラスに映る、イチョウもきれいでした

古いアルバムの中に、そっと隠れた思い出の
ワンシーンを思い出しました。
落ち葉を集めて
手に一杯掴んで空高く投げてみたくなる
私も、無邪気な少女に戻りたいなぁ・・・。
スポンサーサイト

ココロ

095_1.jpg

強がっていても、淋しくてしかたのない人や
笑顔でも、ココロが泣いている人もいる

人間って、どうして簡単にいかないのだろう

哀しんで、 喜んで
涙を流し、 笑いながら

私たちは、それを繰り返す
人のココロは、ひとりひとり 違うように

さまざまな感情が、複雑に絡み合う
再生しようとする

魂の叫びを、ココロのどこかに感じながら
哀しみと、喜びは 紙一重

そばにある 小さな奇跡

055_1.jpg

自分の努力と頑張りでは、
何ともならないことが、
世の中には、いくらでもある。
真っ直ぐには、なかなかいかないのが人生・・・。
それだけ、世間は、厳しいってこと。

「これだけ頑張っているのに、何も報われません」
とぶつけることは・・・・。
実はとても楽なのかもしれません。

報われる、期待などしない。
それでも、前を向いて・・・ 
必ず 目の前に道は開けると信じ
明るさを失わず、
明日に希望を持つように努力している人が、
何も手にすることもないほど、
人生は、理不尽なものでもないと思います〜〜♪

小さな芽が大地に顔を出すように、
自分の心の中にも、
小さな奇跡が生まれんじゃないかと・・・。

++++++++

私たちの生き方には二通りしかない。

奇跡など全く起こらないかのように生きるか、
すべてが奇跡であるかのように生きるかである。

 〜アインシュタインの言葉〜

野の花のように

0769.jpg

この大地に、風に運ばれ・・・・
たどり着いた、小さな、種

あたたかい、太陽の光に注がれ
いたわるように、そっと降る雨
たくさんの、愛に包まれて

いつの日か、芽を出し
小さなを、花を咲かせた
小さな花だから、出来ることがある
小さな花しか、出来ないことがある

野の花のように
さりげない やさしさで、ひたむきに咲けば
きっと 周りに、笑顔が、集まってくる

バラのように、目立つ花にはなれなくても・・・・・・・
野の花のように、さりげなく咲いていたい。

心の声に耳を澄ませて

122_2.jpg

自然は、こころを癒し・・・
狭くなった心ををやさしく溶かして、解放してくれる。
以前とはまた違った想いで、
自然を感じている私が、ここにいる。

都会の喧騒では、どうしても、
流されて気持ちを整えられないんです。

緑の多い場所や、
風が感じられる場所
広い空を仰げる場所は・・・

青空の下、木々の間をそよぐ風が 
真実の心の声を聴きなさいと
そっと耳打ちしてくれる。

何かきちんと、自分と向き合いたいと思う時
心の声に耳を澄ませて・・・
ありのままを、聴く事も必要でしょうね。

まだまだ未熟な人間で・・・・
これからも、いろんなことに、
立ち向かう時が来るに、違いないけれど、

この瞬間、私が感じた心の声を
逃すことなく、受け止めていきたいと思います。

木の葉に想いをのせて

876 (2)

どこまでも、続く広い空
いくつも、つらなる山々・・・・
僕たちは、大切なもの見失っては、いないだろうか・・・・。

森の色、空の色、風の音
秋の香りは、こんなにやさしい。
刻々と変化していく、木々の色。

風に舞い踊る、木の葉を見つめていると・・・
君の優しさに会いたくなるのは、
なぜだろう・・・・。

+++Answer++++

秋のゆるやかな陽だまりの中で
あなたがくれた、優しさを、決して見落とさないように

やっと、色づいた ひと葉・・・・・
今度は私の想いを、あなたに届けたくて

そっと、受け止めてね、心も素敵に、彩っていきますように
秋は駆け足でやってきて
足早に過ぎ去ろうとしているけど・・・

最後の葉っぱが、落ち葉になっても
ぬくもりを感じながら

落ち葉の上を歩いていこう
あなたの想いを感じながら・・・・


アノ大空

128.jpg

高く高くどこまでも青い空を見上げていた
空は遠く 手を伸ばしても

何も届かない気がしていたあの日
いつの日か背伸びをしてみたら

空が近くになった気がして
気持ちが楽になった

アノ空の青さが続くかぎり

その先には、果てしなく希望があることを知ったから
同じ空を見つめている、あなたの存在に、気がついたから・・・

心までが、今は青空が広がっているよ


It Will Be Fine!

013.jpg

何も恐れずに突き進む強さが、私は欲しい
と以前は思ったけれど・・・

強くならないくても、いいんですよね。
弱くても、いろんなことを受容できる
心が、大切だと思います。

人の想いも考え方も様々で・・・
出来る人も、出来ない人も、
みんなが違うから、面白い!!
その面白さを、楽しまなくっちゃ。

完璧に見えるあの人も・・・
未熟なところがあって、ちょっと安心したり。

みんな違っても、同じように心の中で闘っている、と思うと
ちょっぴり勇気がでてくるんですよ

頑張ろうね。
お互いが、認め合って、
刺激し合って、成長し合えたらいいですね。

自分にも、優しくね。
無理をしないで、等身大の自分を、
心から・・・慈しんでいきましょう。   

鎌倉文学館 秋バラ

114.jpg

こじんまりとした、バラ園ですけれど・・・
色とりどりのバラが咲いていました〜〜〜♪

日本文学好きの方に、お勧め。 でもでも・・・
とてもシックな洋館は、素敵ですね。
バラが咲くころは、さらにいい雰囲気です。

華やかさと可愛らしさを兼ねそなえた、
その色彩と、香りの中に、
すっぽりと埋まってしまいました〜〜♪

ベランダからは、鎌倉の町並みや、海が見渡せて、
温かな風の吹く場所でした・・・・・。
PROFILE

cacco*

Author:cacco*
小さなファインダーから覗いた  
何気ない風景を切り取り  
想いを書き添えてみました。

当ブログは、リンクフリーです。 

CATEGORIES
LATEST ENTRIES
CALENDER
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
MY PHOTO GALLERY
airy*fairy photo
ARCHIVES
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。