スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時代だからこそ

060.jpg

世界的な大不況。
現実の厳しさを目の当たりにしている毎日です。

自分の欲望さえ満たされればそれでいいと
考えるようになってきている世の中への警告・・・

すべてのことは、傲慢になったその瞬間から、
崩落が始まるものなのかもしれない。
周りを見渡して、優しさがない社会は、
ギスギスしてダメになる・・・。

でも、決して私たちの こころの中に
優しさを失ったわけではなく
この殺伐とした世の中で、
ちょっと忘れちゃっているだけ・・・。

こんな時代だからこそ、お金や物にはかえられない
かけがえのない人の優しさや、大切なものに、
改めて気づくことができるのかもしれません。

ほら、よく足元を見れば・・・・
そこには溢れるほどの優しさがある。
誰にだって、いつまでも守りたい愛がある。
愛する人を包み込みたい、あたたかさがある。

意外と悪くない・・・この世界は・・・
何があっても、大丈夫。
スポンサーサイト

わたし色〜〜♪

099_1.jpg

「あなたの色に染められたい」というフレーズを、
よく耳にしますね〜〜〜♪
あなたの色に染まりたいという願望はありますが・・・・
自分色というのは、どんな色なのでしょう。

人を色で表現するのは、とても難しいですね。
身近な、私たちの生活にも たくさんの色彩があふれています。

きっと、その人にしかない色ってあると思います。
ブルーでも、いろんな色があるよに・・・

生きた方として・・・高さなんて関係ない。
色のほうが、大切じゃないかと・・・・

最大限に、自分らしさを発揮すれば、
人は、自分色に輝くことができると思います。

自分と違った、色を持つ人の影響で、
成長することもできるでしょう・・・・

人は、十人十色・・・

心の中の種

026.jpg

いつも、自分らしい花を咲かせ続けたい。

人だって、何度でも
花を咲かせることだってできるはず。

誰もが、自分の中に
たくさんの種をもっている。

今が一生懸命ならば・・・
必ず、小さな芽を出し、

大きく成長していくことだろう。

希望の花

049_1.jpg

春を告げるように、近所の梅の花が咲きました。
けなげに咲く姿は、愛らしいですね。

雪の降るような厳しい季節に咲くのは、
きっと、誰かに見てもらいたいのではなく、
自分のために咲くのでしょう・・・。

可憐な姿の中に、秘めた強さを感じますね。
心に明るい灯をともしてくれるような気がします。

この花を見ていると、なんともいえない希望が生まれ、
心を、不思議と前向きにさせてくれるのです。

厳しい寒さの中で、凛と咲く梅と人生を重ねたくなりました。
冬に耐え続けて、ただありのままに精一杯咲く
それだけで、なぜ気高く誇らしい。

ありのままに咲く花は、本当に美しい・・・
私たちも同じ。「生きている」それだけで、
もう十分に美しいのだから・・・・・

今日を一日、大切に生きていきましょう

君の決めた道

068.jpg

生きていくことで、
本当に必要なものは、きっと
そんなに多くはないんだよ。

何かを手放さなければ
ならない時も、あるだろう・・・

でもそれは、君の生き方だから。

本当に欲しいものが、見つかるまで
それを知るために・・・

君の決めた道を、
信じて、前へ進んで行こう。

ささやかな想い

003.jpg

小さな喜びを見つけるために、、
毎日を暮らしていけたらと思っています。
でも簡単なようで、実は・・・・・
難しい事なのかもしれないけれませんね。
 
思いどおりにならなくて、落ち込んだり 
腹を立てたりすることもあるでしょう。
幸せを感じる心が乏しくなって、
いつも不満に満ちているのは悲しい。

誰もがみな、小さな不幸があって、
誰もがみな、小さな幸せがある。

自分に起こること、すべてを、
受け入れていくしかないのですね。

小さな不幸もあるけれど、それは何かを気付かせるため、
自分を変える、きっかけになることもあるんじゃないかと・・・。

幸せというのは・・・・。
嫌な事が何もないということではないですね
自分の気持ちの中で、幸せな気持ちに、
どう転化していくかなんですね。 

そして日常の当り前のことが、 
本当は幸せなのかも知れないと、気づいていきたいと思います。

水族館に行ってきました。

0170.jpg

水槽の中をゆったりと泳いでいる魚や
銀色に輝きながら、上昇していく泡粒を、眺めていると。

まるで自分もその中にいる様な不思議な気持ちになれますね。

差し込んだ光が、薄暗い水底にゆらぐ様子は、夢の中にいるみたいで、
時間を忘れてしまって、幸せな気分になれました

水族館で出会った、家族もカップルもとても楽しそうでした。
二度と戻ってこない時間の中で、その時にしかできない思い出。
思い出は心の中で、いつまでもたくさん輝いていたい〜〜♪

たくさんの思い出をありがとう。
これからも、いっぱい思い出作りましょうね。

窓越しにて・・・

162.jpg

季節は、少しづつ移り変わっていきますね・・・
寒くて〜〜 なんですけど、
窓越しのひなたぼっこが心地よい季節。

日照時間が短い時期だからこそ、なおさら
陽射の「ぬくもり」があたたかく感じられ、
惜しみなふりそそぐ、柔らかな光に・・
「ありがたいなぁ」なんて気持ちが湧いてきました。

2月という寒い月はこれからが、本番です。
でも、春に向かい一日一日少しずつ日が長くなりましたね。

陽射しのの中にも、ちょっとした”春の兆し”を感じ
自然って、どこかで、
私たちに希望の力を与えてくれているのです。

寒い冬は必ず終り、暖かな春が訪れる。
永遠に冬であり続けることはないのですよね。

PROFILE

cacco*

Author:cacco*
小さなファインダーから覗いた  
何気ない風景を切り取り  
想いを書き添えてみました。

当ブログは、リンクフリーです。 

CATEGORIES
LATEST ENTRIES
CALENDER
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MY PHOTO GALLERY
airy*fairy photo
ARCHIVES
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。